ホーム>リアルイオンコート

リアルイオンコート

リアルイオンコートはどんな場所で使用可能ですか?

・様々な場所で使用可能な「リアルイオンコート」

リアルイオンコート.jpgのサムネイル画像

 

  • ホテルのユニットバスや浴室:ユニットバスや浴室にみられるうろこ状の被膜(白い付着物)の付着防止
  • 壁面・天井面・床面・ドア・鏡・窓ガラス・カラン・洗面所・トイレ:水垢などの定着防止
  • キッチン廻り・レンジフード:油汚れ対策
  • 店舗のガラスやショーケース・テレビなど
  • 色々な建造物など:外壁面・自動ドア・エレベーター・エスカレーターなど人の接触の多い所で効果を発揮します
  • 太陽光パネルでの使用:定期的な洗浄メンテナンスが必要なところでも効果を発揮します。

 

・太陽光発電用パネルの汚れ対策にも効果的!

太陽光パネル.jpg

太陽光パネルはほとんどガラスでできています。ガラスという材質と、設置されている角度も味方し、ある程度の汚れは雨で洗い流すことができます。

しかし、雨の少ない季節は突然砂やホコリによる汚れ、花粉・黄砂といった大気中に含まれる汚染物質による汚れは表面に残ってしまいます。

また、雨が降っても鳥の糞やえさの飛沫による汚れはなかなか落ちませんし、砂や黄砂に至っては雨だれによって引き起こされる砂の積層汚れになります。

蓄積された汚れは太陽光パネルを覆ってしまいます。当然パネルが覆われてしまっては太陽光を十分に吸収することができず、発電効率は低下してしまいます。

汚れたまま太陽光パネルを放置しておけば、1年間で5%~10%の発電効率低下を招くことになります。

 

リアルイオンコートを施工したガラス表面に、付着した黄砂や花粉、埃などといった飛来物は雨という自然の力によってきれいに洗い流されます。

つまり、何もしなくても太陽光パネルは自己洗浄するだけではなく、汚れが付着しずらくなります。

これはリアルイオンコート塗布面に静電気が発生するのを防ぐため、埃や砂などを引き寄せづらくなるからです。

 

リアルイオンコート誘導バナー.jpg

「リアルイオンコート」にシリコンを採用した理由

耐候性に優れた素材

シリコンは、耐オゾン性や耐酸性に非常に優れています。そのため過酷な環境で使われる宇宙服のインナー素材に使用されています。10年間経過後の環境劣化が起こりにくい素材です。

柔軟性が高い

シリコンは、主に結合している珪素と酸素自体の結合力は高いのですが、原子同士の距離が長く、結合角度も大きいので原子同士が動きやすく柔軟性に優れています。

耐熱性に優れている

シリコンを形成する骨格となる珪素と酸素は、結合した状態で引き合う性質があります。したがって温度変化が起こった場合構成分子や原子の運動量が増加し、切断されにくくなるという性質があります。又柔軟性によって素材の収縮作用に追随する為、収縮率の違いで生じる欠損も起きにくい特徴があります。

静電気対策に優れている

シリコンは、絶縁性が高い物質として知られており、一度電荷が安定するとプラス哉マイナスの変化が生じにくく、誘電率が低く安定する為静電気対策などにすぐれています。

塩害に強い

シリコンは、フッソと共に塩害対策に用いられることの多いもので、電気設備の分野においては5年以上の耐久性として認知されており、ガイシなどをはじめ様々なところに使用されている実績があります。

 

リアルイオンコート誘導バナー.jpg

「REAL ION COAT(リアルイオンコート)」の効果とは?

  1. 防汚性汚れが浸透固着しないので、水や薄めた中性洗剤を使用するなど簡単な洗浄により落ちにくい油汚れなども容易に落とせます。光触媒とは違い日光の当たらない部分でもその効果は変わりません。さらに雨・風などの外的要因を利用した自浄効果があります。
  2. 耐候性シリコンとイオン電荷の作用により、紫外線(UVA・UVB)・酸性雨をはじめ、鉄粉や塩化カルシウムの浸透を防止し、鉄粉などによる錆化や塩害を抑止。紫外線によるゴムの硬化防止にも効果を発揮します。様々な環境の悪影響からしっかり守ります。
  3. 耐久性排気ガスや酸、アルカリ剤などの有害成分や紫外線、塩害による劣化を抑止し、数年の長期間にわたり効果を維持します。又定期的な施工メンテナンスや洗浄と摩擦作業により、さらに長期間にわたり効果を持続させることが可能です。
  4. 幅広い対応素材金属など素材を限定することなく使用ができ、素材本来の質感を保ち酸化の心配もありません。塗装面・金属・ポリカ・ガラス・陶器・タイル・石材・コンクリート・ゴム・シーリング材など幅広い素材にご使用いただけます。(鏡の曇り防止効果はありません)
  5. 容易なメンテナンス施工後も素材の硬度や質感を変えることなく、素材本来の状態を保ちます。補修・再塗装などが必要な場合も、塗装面の剥離など大掛かりな作業は必要なしです。強い摩擦を加えることによって施工前の状態に復元できるため、コーティングの剥離処理問題やコーティングの影響を受けることなく容易にメンテナンスが可能です。
  6. 超撥水効果シリコンとプラスイオンの荷電による効果で、雨水などに抜群の撥水性能を発揮します。施工素材の表面の滑りが非常に良くなるため、汚れと共に水の汚れ落ちが非常に良く、効果が長時間持続します。

 

リアルイオンコート誘導バナー.jpg

リアルイオンコートの防汚・撥水の仕組み

2018116113127.JPG

 

■イオン荷電による不安定磁場を形成し、汚れや汚水などをしっかりガードします

【リアルイオンコート未施工の状態】

素材表面がマイナスイオン電荷をおびているため紫外線などの影響を受け、プラスイオンン電荷を帯びた有機物(ほこりなどの汚れ)が表面に引き寄せられ、イオン結合作用により、汚れとなる物質が表面に定着しやすい状態になっています。

 

【リアルイオンコート施工後の状態】

塗布面にイオン荷電によるコンプレックス磁場を生成イオンバリアを残存させることで、すでに電荷状態である汚れなどをイオン同士の反発作用により、イオン結合することを阻止し、表面に固着出来ない状態のため定着させません。

 

【製品開発にあたり発送を全く転換しました】

汚れの多くが大気中で太陽光などの紫外線を浴びることでプラスイオン電荷を帯びていることに着目しました。

素材表面をプラスイオンに保てば、汚れのプラスイオンとプラスどうし反発しあい汚れがつきにくく、付いた汚れの落ちやすいと考えました。

そこで、プラスに荷電したイオン水を変性シリコンとフッ素で塗布表面に定着させ、シリコンとフッ素がはがれ落ちた後も塗布表面をプラスのまま保つようにしました。

 

リアルイオンコート誘導バナー.jpg

リアルイオンコートは、電車の車体やビルなどのコーティングに使用されています

新幹線.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高層ビル.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リアルイオンコートは、電車の車体やビルなどの建造物のコーティングなどに使用されています!

 

超高速で走る鉄道の先頭車両にぶつかる虫等の汚れは、最近まで簡単に取れませんでした。そしてぶつかった虫や雨粒などが、今まで使用していたガラス系のコーティング剤やフッ素系コーティング樹脂をはがし、これらを処理するのにずいぶん時間がかかっていました。

ですが、鉄道の車両に「REAL ION COAT(リアルイオンコート)」を塗布することでいつも清潔な車両を走らせることに成功しました。

電車の車両では外装の他にも内装の壁や洗面所の鏡などに防汚剤として使用されているのです。

 

他に、自動車のコーティングに使用した場合は約5年間の耐久性があります

電車の場合、年に1度のコーティングが必要となります。(施工は特殊な工法をしています)

 

リアルイオンコート誘導バナー.jpg

 

 

リアルイオンコートとは?

2018113123547.jpgのサムネイル画像

 

  • リアルイオンコートは、従来の触媒系や被膜系コーティング剤とは違い、全く新たな発想により開発されたコーティング剤です。
  • 素材表面に電荷イオンにより不安定磁場を形成します。それにより、汚れ物質のイオン電荷と反発させイオン結合を阻止します。
  • 汚染を強力に抑制し、汚れの固着を防ぎ、汚れにくく汚れを落ちやすくします。
  • シリコンによる撥水効果で水を弾き飛ばします。水垢やウォータースポットを防ぎます。
  • 素材に付着した鶏の糞なども簡単に除去します
  • 潮風や海水、塩化カルシウムなどによる円買いにも予防効果を発揮します
  • 紫外線による劣化対策にも効果があります
  • 定期的な洗浄や摩擦刺激を与えることで、長期間その効果が持続します。

 

リアルイオンコート誘導バナー.jpg