ホーム>スタッフブログ>BLOG>お歳暮のマナーについて
BLOG

お歳暮のマナーについて

お歳暮.pngのサムネイル画像

12月に入るといよいよ、お歳暮を考え始める時期になると思います。

目上の方に贈る場合などは特にマナーが気になりますね。

 

お歳暮はいつ贈るのが正解?

本来、お歳暮はお正月の準備を始める「事始めの日」にあたる「12月13日~12月20日まで」と一般的には言われています。

しかし、近年は贈りはじめる時期が早まっていて、12月にはいると贈るという人も増えているそうです。

 

地域によっても違いがあり、関東は12月初旬~12月31日まで、関西だと12月13日~12月31日までに贈るのがよいとされているようです。

いずれにしても、年をまたがないようにする事と、年末だと「帰省」や「旅行」という方もいらっしゃるので、あまり年末になりすぎないように贈った方がよいでしょう。

お歳暮で贈ってはいけないものとは?

  • 靴下や下着など身に着けるもの:相手に対して「踏みつける」「みすぼらしい格好をしている」といった意味で受け取られる可能性があるため贈らない方がよい。
  • ハサミや刃物類:「相手との縁を切る」という意味にとられる可能性があることから贈らない方がよい。
  • 現金や金券:「お金に困っている」という意味にとらえられ、とても失礼にあたります。
  • 相手の嫌いなものや苦手なもの:相手の好みがわからない場合は、嗜好品と思われるものは避けた方が無難です。

 

お歳暮を贈ってはいけない人とは?

基本的に、お歳暮は日ごろの感謝に対するお礼で贈るため、送っていはいけない人はいません。喪中の方に贈るかどうか悩む場合もあるかと思いますが、基本的には贈っても問題はありません。しかし、亡くなったばかりの場合などは、考慮した方がよいでしょう。

 

20171118104455.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.anna-kanto.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/98