ホーム>スタッフブログ>有機肥料>肥料の選び方
有機肥料

肥料の選び方

2017519203320.JPGのサムネイル画像

植物に必要な栄養にはどんなものがあるのでしょうか?

植物に必要な成分は、主に3つあります。「窒素(N)」、「リン酸(P)」、「カリウム(K)」です。

・窒素は、「葉肥」といわれ、葉や茎を育てる肥料。(不足すると生育不良になり、葉の色が薄くなります)

・リン酸は、「実肥」といわれ、花や実をつけるのに必要な肥料(不足すると成長が止まってしまうことがあります)

・カリウムは「根肥」といわれ、根や茎を丈夫にするのに必要な肥料です。(全体の生育に大きく影響します)

肥料の袋には、たいてい「窒素・リン酸・カリウム」の表示がされており、どのくらい入っているのかがわかるようになっています。トマトのような実のなるものは、リン酸が多めの肥料を選び、小松菜のような葉物の野菜には窒素が多めの肥料を選ぶようにすると良いです。

上記の3大要素以外にも、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、マンガン(Mn)、ホウ素(B)などが必要とされており、これらは、「無機質」と呼ばれます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.anna-kanto.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/52