ホーム>スタッフブログ>ボイセンベリー>ボイセンベリーの苗を育てよう。
ボイセンベリー

ボイセンベリーの苗を育てよう。

ボイセンベリー苗・修正.jpg【写真:ボイセンベリーの苗】

ボイセンベリーの特徴

・ボイセンベリーの栽培は、他の果物や野菜と、大きく異なります。

・ボイセンベリーは、植えてから2年目に実がなります。多年生の植物です。1年目の木には、実がなりません。

 さらに1年たって、2年目に実のなる木に成長し、果実が実ります。

・例えば秋に植えた苗は翌年発育枝として育ちます。植えた翌年には実はなりません。

 発育枝は秋ごろ混合芽(葉と花芽)を分化させ、冬を超えて2年目の春には、結実する結果母枝になり、結果枝となり、やがて花芽が伸びて花が咲きます。

 花が咲いて初夏に実がなります。

・収穫が終わると、木は衰えて枯れます。来年の芽が地下茎から育ちます。その芽を育てます。

・このサイクルを繰り返すのがボイセンべりーの特性です。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.anna-kanto.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/51