ホーム>スタッフブログ>2017年5月

2017年5月

さぬきのバカ力「甘熟黒ニンニク」で健康生活をおくろう!

甘熟黒ニンニク②.JPG

香川県は、晴天の日が多くて雨量が少ないと言う気候から、ニンニクが育てやすく、ニンニクの生産量が全国第2位となっています。

にんにくは、「ガン」に効く食べ物としても注目を浴びていますが、一方では、大量に食べられないし、食べたら臭いというマイナスイメージもありますね。

そこで、注目を浴びているのがニンニクを黒くなるまで熟成させてつくる「黒ニンニク」です。さぬきのバカ力の黒ニンニクは、独自の製法で40日間じっくりと熟成させてつくられます。

酸味・苦味は無く、ドライフルーツのような食感で、生ニンニクのような特有のにおいも気になりません

しかも、熟成させることにより、話題の「S-アリルシステイン」が30μg/gポリフェノールは、生ニンニクの約3倍と栄養価もアップしています。

S-アリルシステイン」は、ニンニクだけに含まれている成分と言われており、

・がん予防

・高血圧改善

・アルツハイマー予防

・動脈硬化予防

・心臓疾患予防

など様々な症状に有効性が確認されているそうです。

一方の「ポリフェノール」の効果は、「抗酸化力」です。これは体の中にたまった「活性酸素」を除去する働きがあるといわれています。

でも、いくら体にいいからといっていっぺんに大量摂取してはいけません。逆に体を壊してしまう結果になる恐れがあります。

1日1粒~2粒位を、毎日続けることが必要です。

 

三豊エコファームの「甘熟(かんじゅく)黒ニンニク」のご購入はこちら!

 

 

 

 

 

 

 

ボイセンベリー健康果汁

201752310726.jpgボイセンベリー健康果汁

ボイセンベリー果汁100%天然です。  アントシアニンの宝庫、アントシアニンには、目の健康に欠かせないロドプシンの再合成を促す効果があります。

エラグ酸が豊富。美肌、美白効果があります。エラグ酸がチシロナーゼを抑制します。

 

「ボイセンベリー健康果汁のお召し上がり方」

毎日、ティースプーン2杯(5~10CC)を目安にお召し上がりください。

飲むヨーグルトに毎日10CC程度を入れてお召し上がりください。

ビール、焼酎等にお好みの量を入れてお召し上がり下さい。

ボイセンベリー健康果汁には、孟宗竹抽出エキスが含まれています

 

ボイセンベリーで健康習慣を!「ボイセンベリー健康果汁」はこちらで購入できます!

 

 

 

 

 

 

ボイセンベリーの花

ボイセンベリーの花今沢山咲いています。

ボイセンベリーは、5月末ごろ白いかわいい花がたくさん咲きます。この後、1か月くらいすると実がなります。

2017522192956.JPG

ボイセンベリーの苗も販売しています。

比較的育てやすい植物です。

 

ボイセンベリーの苗はこちらで販売しています。2017522193045.JPG

有機肥料って何?

有機肥料って何かご存知ですか?

有機肥料とは、植物や動物の排泄物などを原料にした肥料の事をいいます。

植物油カス(植物から油をとった後の粕のこと)」

草木灰(草や木を燃やした後にできる灰。石灰やリン酸、ケイ酸、カリウムなどが含まれます)」

魚粉(イワシやマグロなどの魚をつぶして乾燥してつくられます。窒素やリン酸を含まれます)」

鶏糞(鶏の糞を発酵、乾燥させたもの。窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウムを含んでいます)」

骨粉(動物の骨を砕いて加熱処理したもの。窒素とリン酸を多く含んでいて栄養は豊富。」

などの種類があります。

有機肥料を使うメリットは、土が柔らかくなり健康になる。土の中の微生物を増やす。効き目は遅いが、肥効が長く続くことが挙げられます。

デメリットは、効き目が遅いので、作付けまでに時間が必要。虫が寄りやすい。臭う。化学肥料に比べると値段が高い。ことなどがあります。

化学肥料にも有機肥料にもそれぞれ長所・短所があるので、バランスよく使うのがお薦めです。肥料.JPG

肥料の選び方

2017519203320.JPGのサムネイル画像

植物に必要な栄養にはどんなものがあるのでしょうか?

植物に必要な成分は、主に3つあります。「窒素(N)」、「リン酸(P)」、「カリウム(K)」です。

・窒素は、「葉肥」といわれ、葉や茎を育てる肥料。(不足すると生育不良になり、葉の色が薄くなります)

・リン酸は、「実肥」といわれ、花や実をつけるのに必要な肥料(不足すると成長が止まってしまうことがあります)

・カリウムは「根肥」といわれ、根や茎を丈夫にするのに必要な肥料です。(全体の生育に大きく影響します)

肥料の袋には、たいてい「窒素・リン酸・カリウム」の表示がされており、どのくらい入っているのかがわかるようになっています。トマトのような実のなるものは、リン酸が多めの肥料を選び、小松菜のような葉物の野菜には窒素が多めの肥料を選ぶようにすると良いです。

上記の3大要素以外にも、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、マンガン(Mn)、ホウ素(B)などが必要とされており、これらは、「無機質」と呼ばれます。

ボイセンベリーの苗を育てよう。

ボイセンベリー苗・修正.jpg【写真:ボイセンベリーの苗】

ボイセンベリーの特徴

・ボイセンベリーの栽培は、他の果物や野菜と、大きく異なります。

・ボイセンベリーは、植えてから2年目に実がなります。多年生の植物です。1年目の木には、実がなりません。

 さらに1年たって、2年目に実のなる木に成長し、果実が実ります。

・例えば秋に植えた苗は翌年発育枝として育ちます。植えた翌年には実はなりません。

 発育枝は秋ごろ混合芽(葉と花芽)を分化させ、冬を超えて2年目の春には、結実する結果母枝になり、結果枝となり、やがて花芽が伸びて花が咲きます。

 花が咲いて初夏に実がなります。

・収穫が終わると、木は衰えて枯れます。来年の芽が地下茎から育ちます。その芽を育てます。

・このサイクルを繰り返すのがボイセンべりーの特性です。

 

 

 

 

【肥料】ゴールドクィーンのお取り扱いを始めました!

ゴールドクィーン.jpg

植物の成長促進剤「ゴールドクィーン」のお取り扱いを始めました!

過剰窒素、過剰リン酸、悪天候による生育不良対策に!

使い方は簡単!

ゴールドクィーンを1000倍程度に薄めて葉面散布するだけ。

 

香川県産だから安心してご使用いただけます。

 

ボイセンベリーの苗の栽培にもぜひご活用下さい。

買ってみたけどよく使い方がわからない方は、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい!

成長促進剤「ゴールドクィーン」はこちらで購入できます!

【肥料】農業用孟ツァルトの取り扱いを始めました!

201752103824.jpg

ボイセンベリーの苗にも使える「農業用 孟ツァルト」のお取り扱いを始めました!成長を促進します。

種類は、300g、1㎏、5㎏の3サイズからお選びいただけます。

ちょっと試してみたい方、プランター栽培で少量しか必要のない方には、300gがお薦めです。

香川県産孟宗竹を使用しているので安心。

こちらは、土に振りかけるだけでは効果がないので、スコップなどで土にすき込んで使用してください。

【効果】

・土壌中に酸素を送り込み、有用微生物(善玉)の増加を助けます

・酢酸菌・乳酸菌が悪玉菌を抑制します

 

土を健康に!土壌改良剤「孟ツァルト」はこちらで購入できます!